アルファインプラントセンターでは徹底した検査と診断を行い、最も適切な治療法を案内します。「常にお客様のために・・・」アルファインプラントの願いです。

歯を失った時の治療法

失った歯を補う治療法には入れ歯(部分入れ歯、総入れ歯)、ブリッジ、インプラントなどの選択法があります。それぞれの治療法にはメリット、デメリットがあります。自分自身の症状や年齢、体質、生活環境、また予算などを考え慎重に治療法を選択してください。

入れ歯・ブリッジ・インプラントのメリット・デメリット

治療法 メリット デメリット
部分入れ歯 部分入れ歯

1本、あるいは複数本の歯
を失った場合に適用。人工
歯の下に歯茎に似せた土台
をつけ、金属のバネで取り
つける。

  • 保険診療のため費用の負担が少ない
    (自費あり)
  • 治療期間が短い
  • 修理が簡単
  • 身体への負担が少ない
  • 日々のお手入れが少ない
  • バネが見える
  • バネをかけた歯への負担がかかる
  • バネが舌や唇に当たって痛む
  • 食べかすがたまりやすい
総入れ歯 総入れ歯

すべての歯を失った場合に
適用。樹脂でできた義歯床
と呼ばれる土台に人工歯が
ついており、歯茎全体に密
着させる。

  • 保険診療のため費用の負担が少ない
    (自費あり)
  • 治療期間が短い
  • 修理が比較的簡単
  • 身体への負担が少ない
  • 違和感がある
  • 慣れるのに時間がかかる
  • 発音がしづらい
  • 噛み合わせの調整が困難
  • 安定が悪い
  • 食事の味がわかりにくい
  • 外れやすいなどの不具合がでやすい
ブリッジ ブリッジ

1本、あるいは複数本の歯
を失った場合に適用。失っ
た歯の隣の健康な歯を支え
にし、橋をかけるように人
工歯を被せる。

  • 違和感が少ない
  • 安定感がある
  • 噛み合わせや咬み心地が良い
  • 見た目が良い
  • 両隣の健康な歯を削る
  • 削った歯の寿命が短くなる
  • 境目から細菌が侵入しやすい
インプラント インプラント

1本、複数本、すべての歯
を失った場合に適用。あご
の骨に埋められた人工歯根
の上に人工歯を被せる。

  • 見た目が良い
  • 安定感のある咬み心地
  • 周囲の歯の健康を保つ
  • 取り外しなどの手間がない
  • メンテナンスを行うことで長時間持つ
  • 自費治療のため費用の負担が大きい
  • 治療期間が長くかかる
  • 外科手術を伴う
  • 定期的なメンテナンスが必要