アルファインプラントセンターでは徹底した検査と診断を行い、最も適切な治療法を案内します。「常にお客様のために・・・」アルファインプラントの願いです。

ジルコニア

オールセラミック

インプラントの上部構造には、金属やセラミックが使われるのが一般的でしたが、金属では強度が強い半面、溶けだした成分が歯茎を変色させることがあったり、一般的なセラミック素材では変色しない特徴がある反面、強度が足りずに強くかみ合わせることができなかったりということがあります。そこで、近年注目されているのがジルコニアです。ジルコニアはセラミック素材の中でも群を抜いて頑丈で、白く透明感もあるので目立ちにくいという特徴がまず挙げられます。

ジルコニアのメリット・デメリット

メリット

①欠けたり割れたりするリスクが低く、金属アレルギーにならない

強度が十分であるため、割れたり欠けたりするリスクが低く、金属で補強する必要がないため単独素材で使用することが可能であるため、金属アレルギーの方でも安心して使用することが可能です。 また、現時点で金属アレルギーかどうか不明な場合でも、長時間にわたってアレルゲンをためることがないので、将来的に金属アレルギーを発症するリスクはありません。

②審美性に優れていている

透明感のある仕上がりとなり、見た目が自然の歯のような美しい色合いを出せることや、歯茎と馴染んで見え、審美性に優れています。

③色が変わりにくく、長期間、美しく使用できる

インプラントの上部構造は天然歯と同様に酸性やアルカリ性の食品や飲み物の刺激に晒され続けています。このような環境下でジルコニアは非常に安定した素材であるため、長期間、変色が起こらず使用する事が出来ます。

④仮留めを使用するため、咬合の微調整ができるため満足いく結果を得やすい

ジルコニアは、他の材料と同様に、仮留めをすることが可能であるため、仮留めを付けた状態で使用感を確認してから咬合を微調整することができるため、満足感が高いです。

デメリット

①ジルコニアの場合、他の歯科材料に比べ、治療費が高額になる

ジルコニアの上部構造代300000円(埋入手術代込)
オールセラミックの上部構造代250000円(埋入手術代込)
ハイブリッドセラミックの上部構造代230000円(埋入手術代込)

②色調はオールセラミッククラウンに劣る

審美的にはオールセラミックに比べ、多少劣りますが土台のコアとなる部分が透けにくくなる(マスキング効果)があるため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げる事が出来ます。

③天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある

ジルコニアは歯の硬組織であるエナメル質よりも固い素材であるため、他の歯を痛めることがあります。また、オールセラミックや他の材料もエナメル質よりも固いため、ジルコニア特有のデメリットというよりは、インプラント全体のデメリットとなります。